1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

素髪について

2014 4月23日(水)に graba hair (グラバ ヘア)をOPENしました                                                                                                                              住所 東京都江戸川区南小岩6丁目31-1 アークノバ102                                                                                                                                電話番号 03-5876-7656                                                                                                                                                    定休日 不定休   お店までの経路   料金表      grabaってこんなお店                                                                                                                                               営業時間10:00~21:00(最終受付20:00)    メール予約 graba1202@gmail.com にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
ひめちゃんをクリックしてね


はい 今日は


素髪について



素髪(すがみ)と皮膜

最近よく これが比べられてます

どちらにも利点があるので どっちがいい悪いとかはないと思います

見かたですね

好みです


ただ選び方を知る これ必要ですね


僕の個人的な考え方は


素髪=自分の髪を知る 

こういう風に考えてます

素髪の一番良い所は今の自分の髪の状態がわかるということ

do-sシャンプー使うとほとんどの方最初髪バサバサします

それが自分の本来の髪状態です

傷んでない人はバサバサしません

カラーなどしていない方でバサバサする人はもともと乾燥毛だと思います


カラーの繰り返し 高温のアイロン パーマ 縮毛矯正 これらのダメージは積み重なります

髪は死滅細胞なので 減点法で 良くなることはありません

なので当然髪はどんどん傷みます

傷んだ髪を目の当たりにすると

考えると思うんです


例えば

体の調子が悪かったら

どこが悪いか気なって病院にいきますよね

症状にあった薬もらいますよね

栄養のあるもの食べて

ゆっくり寝ますよね


髪もそうなると思うんです

バサバサして収まりが悪くなったら

美容室に行ってなぜこうなるか聞きますよね

今の髪にあった施術してもらって

必要なスタイリング剤つかますよね

普段の手入れの仕方もしっかり教えてもらいますよね

当分髪の状態に合った施術になりますよね無理しないですよね


けど今の現状は

ほとんどのシャンプートリートメント スタイリング剤につるつるサラサラに

なるようなものが入っているので

自分の髪がどういった状態なのかわかりません

なんだったら健康に見せてるので

高温でアイロンしたり 自分でホームカラーしたりしてどんどん何も出来ない髪にしてしまってます

パーマなどもかかりにくくなり せっかくかけても 皮膜でどんどん重くしてしまって

パーマがなくなったりします


大事なのは

自分の髪を知ること

乾燥毛の人は乾燥に効く物はなんなのか 

油なのか水分なのか

広がる人は どういった選択肢があるのか

軟毛というにはどういうことなのか 他の髪質と何が違うのか

髪質に向いてるものもの向いていないもの

普段の手入れの仕方

朝は時間をかけれるのかかけれないのか

髪生え癖の注意点

などなど

素髪になると本来美容師さんに聞いておかないといけないことが

聞けていないことに気づくと思うんです

つるつるサラサラの状態で美容師がいろいろ説明してもわからないですよね
 
自分の髪を知るきっかけになると思うんです


元気な人たばこ控えてくださいって言っても聞かないじゃないですか

でも体調が悪くて レントゲン見せられて 肺がこうなっているから

タバコは控えてくださいって言われたら聞きますよね


やっぱり 目に見える状態にしないと気づかないし考えないと思うんです


現状を保つ

変化に気づく

これも大事だと思います

自分の中の基準の状態を知ること保つことで

悪い兆しが出てきたら対応できると思うんです

乾燥してきたら コテの温度高いかもとか乾かし方が雑かもとか

自分で自分の状態を変えれるようになると思うし変えると思うんですね


健康食品食べてもより健康になることはないじゃないですか

あくまで現状維持

でも体調が悪くなったらすぐ気づけますね すぐ対処しますよね 

そんな感じ


行き過ぎない状況を作ることで 

長いスパン髪で色んなスタイルを楽しむことが出来るようになります



髪の毛に気づいてもらったら

後は美容師側の問題なんです

その髪にどういったことが出来るのか 何をしてはいけないのか

するとしたらどういうやり方 薬剤でするのか

どういった 手入れの仕方を教えて スタイリング剤は何が良いのかなど

知識と技術などが必要になってくるんですね

しっかり勉強している美容師さんなら

考え方によって美容師さんの中でも意見が分かれるところなので

担当の方を信用すればいいと思います


最近

うちのスタッフが頭が痛くて 体調も悪いので 病院に行ったら

先生に 10段階でどれくらいって聞かれたらしく

何を基準に10なのかも分からず 

結局ロキソニンって鎮痛剤をもらって帰ってきたそうです


聞きたいのは頭が痛くなる原因が知りたいんですよね

どんな可能性があって

問診だけではどのくらい限界があって

もし詳しく調べるなら どんな調べ方があるのかどのくらい時間がかかるのか お金がかかるのか

先生の経験ではどういったことが考えられて 

だから今日は薬だけで様子をみましょうみたいに 

理由がほしいですよね 提案してほしいですよね

安心したいじゃないですか




美容師で言ったら 髪の状態も説明せず 対処の仕方も教えないで

傷んでますねー

トリートメントしときましょって言ってるみたいな物ですよね


こんな美容師に 髪任せられますか?




自分の髪を知ったうえで いろんなメリットデメリット知った上で

自分の性格に合うもの使えばいいと思うんです


サラサラつるつるが好きなら 施術内容は美容師さんの言うこと聞いて

普段使う物はシリコンでもなんでもつけていいと思います


オールマイティーものはありません

提案の幅です

髪を痛めず染めれるのはヘナ(ハナヘナ)しかないですし

例えあってるかわからないですが

西洋医学と東洋医学どっちの見方もしますよ的な考えです


最終決めるのは 好きか嫌いかでお客さんが決めればいいと思います 


担当美容師さんがどSの場合はその人が決めると思います(笑)


素髪について書きましたが


皮膜(シリコンとかポリマーとか)がどうとかじゃなく


素髪って言うのは こういうことが根底にあるので


素髪が大事ってことだと

個人的には思います


なので シャンプー使ったからって健康になるわけではありませんので

過度な期待は禁物です

基本現状維持です



なんとなく分かっていただけたかな?




ふうちゃんをクリックしてね
  

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

関連記事
30.40代必読記事 30.40代ペタンコ髪からの脱出 40代からの白髪染め 40代からの縮毛矯正 40.50代からのショートカット ホームカラー撲滅委員会 髪の悩みベスト10(解決編)

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グラバ

Author:グラバ
髪のケアや美容師がお客様にできることを伝えていく日記です

お客様の疑問 質問にもわかりやすくお答えします

年齢による髪質の変化 髪質など

一人一人に合ったご提案をさせていただいています

自分の髪をよく知りたいというお客様や

髪のことは良くわからないからおまかせでという

お客様から喜んでいただいてます

ご相談だけでも承っていますので

お気軽にどうぞ

カラー 縮毛矯正 パーマ クリープパーマ

セット アップ コテ巻き ケミカル 

幅広く引き出しを持っています

Takahiro Mochida



facebook始めました



facebook始めました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスカウンター

人気記事ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム